つちっくれ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薫です。追記

お久しぶりです。これは携帯から書いています。
実は妹、25日に退院してました。慌てて「薫です。」を終わりにしたのは、そういう訳。

一部、内容の訂正があります。
帯状疱疹は院内感染でうつされた物では無いと言う事。
帯状疱疹は、水疱瘡が原因で発症するらしいです。水疱瘡は治っても、その菌が体内に残り、体力や抵抗力が落ちてくると、神経細胞に巣食い、対処が遅れるとその神経を刺激し帯状疱疹神経痛になります。皮膚の爛れと共に、激しい痛みを伴います。いきなりレーザー光線でも当てられたようなヒリヒリした痛みだそうです。ストレスがその起因になります。との事でした。(妹談)

退院して来た妹は、案外、元気です。ただ、まだ帯状疱疹は治っておらず、痛み、痒みに悩まされています。

母はオムツで、夜、よく眠れるようになったのは、嬉しいのですが、その分、「立ち上がり」の回数も減ったせいか、筋力が落ちて来て、一人で立てなくなりました。(泣)

あっちが立てば、こっちが立たず…。
ベッドからポータブルへの移乗。ポータブルからベッドへの移乗。
段々、難しくなって来ました。これが一人でできないと、旦那さんや甥っ子の手を借りなければならなくなります。

前回も書いたように、女性と言う意識の強い母は、絶対にそれを許しません。
その為に私は呼ばれた訳ですし。

今日から、妹も落ちた筋力を鍛え直す為に、母と一緒に体操を始めるそうです。これは他人事では無いので、私も一緒にやらなきゃです。

母が起きました。今日は熟睡できた様子です。
あれっ!?オムツも濡れてない(^o^)/やった~(^_^)v

私が書いた歴史的な事は色々検索して調べた事。事実とは相違する点もあるかも知れませんが、それはお許しください。

またまた、コメントを頂いたMさん、本当にありがとうございました。私のつぶやきを、まだご覧頂いていた事をもう一度ここでお礼申し上げます。

しかし、やはり言いたいのは、戦争で色々な犠牲を払ってきた母達の世代に対して、後期高齢者保険、介護保険にしても、あまりにも行政は高齢者に冷たい。

ある日、アフリカ系の男性の割りと若い方と、私が通勤に使っているバスに乗り合わせた事がありました。彼は一番後ろの席に座り、たどたどしい日本語ではありましたが、同乗した皆に聞こえるような大きな声でこう言いました。
「日本のお年寄りは可愛そうね~。僕の国では、皆、大切にするよ~。」

彼に拍手を贈りたかったです。目と目が合って、「うんうん。」私は思わずうなずいてしまいました。

それでは。また書けたら書きます。東京で~!とか言いましたが、もうしばらく居ることになりそうです。



スポンサーサイト

welcome
プロフィール

つちっくれ

Author:つちっくれ
---------------
つちっくれ are
---------------
はな:うた
こーじ:ぎたー
かおる:うたとぎたー
ちぐさ:うたとだがっき
みつこ:うたとだがっき
しんご:どらむ
やす :べーす
-------------------

 
検索フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。