つちっくれ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薫です。それから7

台風は何の影響もなく、通り過ぎていきました。
私の幼い頃に知っている台風は、それこそ、蝋燭や懐中電灯、2.3日分の食料を買いだめして、もちろん、学校は休校。商店街もみんなシャッターを閉めて、来襲に備えたものです。

停電とかは当たり前。電気がパッと消えると父や母が蝋燭を点けて、その蝋燭の灯りで晩御飯を食べる。なんだか家族が一致団結して協力し合うみたいな一体感が生まれて、子供心に恐い気持ちもありながら、ワクワクしたものでした。

私と長男、長女が同じ会社でアルバイトをしていた時期がありました。東京を直撃した台風があって、私はその日、会社に電話して、「3人とも休みます。」と連絡を入れました。宮崎での台風の恐ろしさを知っているから、私は、そう判断したのですが、翌日、会社に行ってみると休んだのは私の家族3人だけ・・。
「はぁ~、東京ってそういう所ね。」なるほどと思いました。

「台風の目」を経験した事があります。ちょうど、私の住んでいた街の上空を通ったのです。
ものすごい強風と雨。それが段々と弱くなってきて、うっすらと青空が見えてきます。まるで何もなかったかのように日差しが射して来てまぶしい位です。しかし、川は濁流、橋の根元にまで水が溢れています。あちこちで木がなぎ倒されています。不気味な静けさです。小鳥も虫も鳴きません。
そこに「目」が見えてれば、腰抜かしたもしれませんが、「目」はありませんでした。笑
やがて、また雨風は段々強くなり、暴風雨となりました。

あれは、小学生の頃だったのかなぁ。不思議な体験でした。

台風の翌日は空が良く晴れて、夜になると「天の川」が、はっきりくっきりと見えたものです。あの「天の川」もう一度見てみたいです。

孫が「天の川ってホントにあるの?」って末娘に聞いたらしいです。見せてあげたいな、「天の川」。

東京も7月7日、1分間でもいいから街の灯りを全部消して、「天の川を見る日」とか作ってみたら、人間性を取り戻せるんじゃないかな。東京にオリンピック誘致しようと言う予算があるなら、できるでしょ。

宮崎も、もう「天の川」見る事はありません。よっぽど、灯りのない海辺か山へ行かない限りは。


20日は父の命日でした。大好きだったステーキをお供えして、買っておいた「ドリームジャンボ宝くじ」、買った日から仏壇に置いて「頼むよ、お父さん!!」と言って拝んでいましたが、残念ながら300円が2枚。
「おとおさ~~~ん!!」

父は「肝炎」で苦しみました。当時、やはり臨床段階であったけれど、肝炎には効果があると言われていた「インターフェロン」を試してみたいと希望していました。でも、その開発者の先生は長野だったか、新潟だったか、かなり遠方の病院でした。

今回、「潰瘍性大腸炎」の権威が、たまたま、市内の宮崎医大にいらした事、そして、例の「アドレノメデュリン」が妹の回復を早めた事。父がちゃんと見守っていてくれていたのかなと思います。その上で「宝くじ当てて。」のお願いは無いかな。笑

アドレノメデュリンは元々、心臓疾患の薬として開発されていたようですが、潰瘍性大腸炎にも効果があると偶然に発見されたらしいです。開発者の方は、その最初の臨床試験を助手に試そうとお願いしたのですが、「いやいや・・、先生、それは・・。」とあえなく断られ、仕方なくご自身で点滴を・・。
血管を拡張して、血流を良くする→血圧が下がる。先生は救急車で、病院に搬送・・。

こういう真面目な先生も、まだまだいらっしゃるのですね。

さて、母は一人でトイレできるよう頑張っています。元々、気丈な人。あんまり心配はしていません。
ただ無理だけはしないように。どうしてもダメな時は甥っ子に助けを求める事。約束しました。

21日は甥っ子の誕生日でした。お寿司とケーキでお祝いしました。甥っ子は優しい子です。
母の部屋と甥っ子の部屋はインターホンで繋がっていて、母が用事がある時は、そのインターホンのボタンを押します。「ピンポーン!」音がなると甥っ子が母の部屋へやってきます。
ポータブルトイレに溜まった汚物も、綺麗に掃除してくれます。

妹の旦那さんも優しい人。母が暑くないか寒くないか、部屋に入る日差しが眩しくないか…色々と気を遣ってくれます。本当に感謝です。


月曜から、また妹の家はこれまでの生活に戻ります。そして、私も。

役に立てたかな?もっと、体操を一緒にしてあげれば良かったな。色々な想いがよぎります。

母の寝顔を見ていると、涙が止まりません。もっと、母が若いころ、沢山一緒にどこかに連れて行ってあげたかった。ご飯作る手伝い、してあげれば良かった・・などなど。

一旦は東京へ戻りますが、折に付け、母に会いに来ようと思っています。母はまだまだ元気ですもの。



おまけ~♪
「妹んちの知恵袋」

妹んちでやっているちょっとした知恵袋を紹介したいと思います。「なるほど~!」と思いました。

①白砂糖を袋から出して容器に入れると、どうしても固い塊ができますよね。容器の角に食パンの耳を入れてみてください。パンが水分を吸ってくれて砂糖が固まりません。いつも、サラサラで使えます。

②丸ごとキャベツ、レタス、根っこのついているネギ、ほうれん草など、使いきれない分は根っこにぬらしたティッシュを輪ゴムで止めたり、ただ、くっつけておくだけでも、長持ちします。お花屋さんが、花を買った時にやってくれる、あの方法と一緒です。

是非、やってみてください。

へこたれそうになった私の活力源は、宮崎地鶏の炭火焼、あ~んど、ビールでした。笑
宮崎地鶏の炭火焼、これ、飽きないねー。
毎日のようにビール飲んだので、少々、体重増えました。介護太り~!!

ちょっと、気になるのは、五十肩が酷くなりました。湿布が欠かせません。でも、右腕。

ギター、弾いてないぞー。2ヶ月位。弾けるのか、私・・。でも、弾くもんねー。

29日、中ムラサトコちゃんとのライブ、かけこみ亭でお会いしましょう!コード、忘れていても、許してくださいね。あと、ギターソロ、間違っていても、気にしないでね。
少しづつ、リハビリしまーす。

それでは、皆様、ありがとうございました。気が向いたらまた書きます。
スポンサーサイト

welcome
プロフィール

つちっくれ

Author:つちっくれ
---------------
つちっくれ are
---------------
はな:うた
こーじ:ぎたー
かおる:うたとぎたー
ちぐさ:うたとだがっき
みつこ:うたとだがっき
しんご:どらむ
やす :べーす
-------------------

 
検索フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。